乳歯はとくに虫歯になりやすいのでご注意ください

乳歯はとくに虫歯になりやすいのでご注意ください

子供のお口の健康を守るためには、歯が生え始める時期からの虫歯予防が大切です。子供の歯、乳歯は永久歯に比べてやわらかく弱いので虫歯にかかりやすく、またその進行速度が早いという特徴があります。

甘い物ばかり食べさせたり飲ませたりしていると虫歯になりがちです。また子供は自分でお口のケアはできないことも虫歯になりやすい理由に挙げられます。ここでは市原市五井駅近くカインズホーム店内の歯医者「かずさごい歯科」が、子供の歯科治療「小児歯科」についてお伝えします。

~乳歯が虫歯になりやすい3つの場所~
  • 上の前歯

理想的な子供の前歯はすき間があります。ところが乳歯列が狭くてすき間がないと、上の前歯に汚れがたまり虫歯になりやすくなります。

  • 奥歯の溝

奥歯の溝は細く複雑ですので、汚れが付着しやすいうえに歯ブラシが届きにくい場所であり、虫歯になりやすいです。

  • 奥歯の歯と歯の間

歯と歯の間はブラッシングしにくい場所なので汚れが残りやすく虫歯になりやすいです。

ご両親から虫歯がうつることがあります

ご両親から虫歯がうつることがあります

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。虫歯菌(おもにミュータンス菌)はまわりの大人の唾液を介して子供に感染することがほとんどです。

とくに、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が一番長いお母さんからうつることが多いので「母子感染」するといいます。お母さんの口の中の虫歯菌が多いほど、子供は虫歯にもかかりやすくなるという報告があるのです。お母さんの次にお父さんからの感染が多いといわれているので、お子さんを虫歯から守るためには、まず親御さんが虫歯治療をしてお口の中の虫歯菌を減らしておく必要があります。

年齢を重ねるごとに虫歯や歯周病のリスクが高まります 大人の歯科治療についてはこちらをご覧ください

仕上げ磨きがポイントです

お子さんは自分ではブラッシングをうまくできないので、虫歯予防のためには親御さんの仕上げ磨きが欠かせません。

仕上げ磨きのポイント
POINT 01
毛先を歯面にまっすぐあてる
POINT 02
軽い力で動かす
POINT 01 毛先を歯面にまっすぐあてる POINT 02 軽い力で動かす
歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間に垂直にあてましょう 歯ブラシの毛先が広がらない程度の弱い力で磨きましょう
POINT 03
小刻みに動かす
POINT 04
1ヶ所につき20回以上動かす
POINT 03 小刻みに動かす POINT 04 1ヶ所につき20回以上動かす
1~2mm程度に小刻みに動かし、1~2本ずつ磨きましょう 1ヶ所につき20回以上動かし、食べかすやプラーク(歯垢)を丁寧に落としましょう

虫歯菌は唾液の分泌量が減少する睡眠中に活発化します。そのため仕上げ磨きは就寝前に行うのが効果的です。その際、強く磨きすぎてお子さんに痛い思いをさせてしまうと仕上げ磨きを嫌いになってしまいますので、力の入れすぎに注意しましょう。仕上げ磨きを楽しい親子のふれあいの時間にすることが大切です。

当院はキッズスペース完備です
当院では、小児歯科を受診されるお子さんと、お子さん連れの患者さんのためにキッズスペースをご用意しています。やわらかいマットを敷き詰めたスペースで、診療までの待ち時間を楽しくお過ごしいただけます。親御さんの治療中の時間もお使いいただけますので、子育て中の患者さんも安心です。 当院はキッズスペース完備です

小児歯科の処置方法のご紹介

乳歯は生え替わるからと油断しがちですが、乳歯の虫歯が次に生えてくる永久歯に影響してしまうことがあります。また乳歯は虫歯になりやすいので、まず予防をすることが大切です。当院では、小児歯科の処置としてシーラントフッ素塗布ブラッシング指導を行っています。

シーラント フッ素塗布 ブラッシング指導
シーラント フッ素塗布 ブラッシング指導
通常のブラッシングでは汚れを落としにくい奥歯の溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置です 虫歯菌の活動を抑制し、歯の再石灰化を促す効果のあるフッ素を歯の表面に塗布する処置です お口の状態に合わせた効果的なブラッシング方法を仕上げ磨きと合わせてアドバイスします。

五井駅近くのカインズホーム市原店内の歯医者「かずさごい歯科」の 院内紹介とアクセスはこちらをご覧ください