美しい口元の基準をご存じですか?

美しい口元には統計学にもとづいた一定の基準があります。それは「Eライン」と「ガムライン」と「スマイルライン」を整えることです。市原市五井駅近くカインズホーム店内の歯医者「かずさごい歯科」が、歯のクリーニングホワイトニングについてお伝えします。

~美しい口元の基準~
  • Eライン(エステティックライン)

Eライン(エステティックライン)

顔を横から見たときに鼻と顎の先端を結んだラインのこと。このライン上または内側に上下の唇が入ることが理想的だといわれています。

  • ガムライン

ガムライン

前歯の歯肉と歯が接する部分を結んだラインのことで、笑ったときの下唇のラインと平行で歯肉が1mm程度見え、そして左右対称になっているのが理想です。

  • スマイルライン

スマイルライン

上の前歯の先端のラインが下唇と平行なカーブをしていることが理想的だといわれています。

審美歯科では口元の美しさを求めるためにさまざまな処置を行いますが、同時に機能性の回復・改善もはかります。「機能性と美しさ」――別のもののようではありますが、実際は、機能性の高い歯をもつことは調和の取れた美しい歯をもつことと同様で、それは口元の美しさにつながるのです。

まずはクリーニングから始めましょう

まずはクリーニングから始めましょう

美しい歯を手に入れることができれば、笑顔に自信が生まれます。そのための第一歩は、歯のクリーニングを受けることです。毎日のブラッシングでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石などの歯の汚れは、歯科医院での歯のクリーニング「PMTC」で落とすことができます。

PMTC(仕上げにはフッ素を塗布)は虫歯や歯周病の予防につながり、口の中の汚れを徹底的に落とすので口臭予防にもなります。ほかにも歯の軽い色素沈着なら落とすことができるので、健康的な歯の美しさを手に入れることができます。

銀歯を白くすれば、もう口元を隠す必要はありません

  • 銀歯を白くすれば、もう口元を隠す必要はありません
  • 銀歯を白くすれば、もう口元を隠す必要はありません

以前治療して入れた銀歯。「白い歯列の中で目立つので思いきり笑えない……」「外食のとき気になる……」と思わず口元を手で隠していませんか? 審美歯科なら、気になる銀歯を白いセラミックの歯に替えることができます。

銀歯は目立ってしまうだけでなく、金属アレルギーの症状を引き起こす可能性があります。また汚れが付着しやすいので、虫歯や歯周病が再発する可能性もあります。審美歯科で使われるセラミック素材は、生体親和性が高く、身体にやさしい素材です。天然歯に似た透明感や色調を再現できるので美しく仕上がり、汚れがつきにくいのでお口のトラブルの予防につながります。また金属を使わないメタルフリーなら、金属アレルギーの心配がありません。

「銀歯がコンプレックスになっている」――そんな方はお気軽にご相談ください。

白い歯で口元の印象をアップ

  • 白い歯で口元の印象をアップ
  • 白い歯で口元の印象をアップ

毎日ブラッシングしているのに、いつの間にか黄ばんでしまった歯。歯の内部の象牙質は加齢とともに黄ばみを増します。また毎日摂取する色の濃い飲食物(コーヒー・紅茶・チョコレート・カレー・ワインなど)によっても色素沈着するのです。

「黄ばみが強くてPMTCでは理想の白い歯にならなかった……」そんな方にはホワイトニングをおすすめします。ホワイトニングとは歯を削らずに薬剤を使って白くする処置です。歯科先進国である米国ではとてもポピュラーなホワイトニング。当院では、ご自宅で手軽にできるホームホワイトニングをおすすめしています。まずは一度、カウンセリングを受けてみましょう。

  • 目立つ銀歯はセラミックの美しい白い歯に 口元の印象をアップしませんか?
  • いつの間にか黄ばんでしまった歯 ホワイトニングで白く輝く歯に