年齢を重ねると、お口のトラブルも増えやすくなります

年齢を重ねると、お口のトラブルも増えやすくなります

年齢を重ねると虫歯歯周病口臭などのお口のトラブルが起きやすくなります。市原市五井駅近くカインズホーム店内の歯医者「かずさごい歯科」が、その原因についてお伝えします。

原因のひとつに挙げられるのは「唾液の減少」です。唾液には口腔内の自浄作用があり、汚れを洗い流すだけでなく歯の再石灰化にも関係しています。抗菌作用や消化作用があるので、年齢にともなう唾液分泌の減少が口腔内のトラブルの増加に関連しているのです。そのため口腔内のトラブル予防のためには若い人以上にケアをする必要があるといえます。

治療をするたびに抜歯のリスクが増える虫歯治療

治療をするたびに抜歯のリスクが増える虫歯治療

虫歯治療は、虫歯の感染部位を除去し、その部分を歯科用プラスチックで埋めたり、人工歯を装着したりして削った部分を補います。はじめてできた小さな虫歯なら感染部位を削り、詰め物を入れることで完治します。そこに虫歯が再発すると、また削り、次はもう少し大きめの詰め物を装着。その後しばらくしてまた虫歯になってしまうとさらに大きく削り、被せ物を装着します。つまり治療をするたびに歯の健康な部分が小さくなっていくのです。

そのあとの再発で、もし歯の神経にまで感染が達してしまうと「根管治療」を行います。この際もいったん虫歯の進行は止められますが、歯はまた一段ともろくなってしまうのです。もしまた再発が起こるとこんどこそ抜歯につながってしまうかもしれません。つまり治療のたびに抜歯のリスクが増えるのです。

歯周病のリスクも年齢を重ねるごとに増加します

歯周病のリスクも年齢を重ねるごとに増加します

日本人の成人の約8割が歯周病またはその予備軍といわれています。ここで歯周病と呼ばれているのは、歯と歯ぐきの間に「歯周ポケット」がある方を指し、その予備軍というのは、歯周ポケットはほとんどないものの健全ではない方のことをいいます。歯周病を発症している、つまり歯周ポケットがある方の割合は、25~34歳では20%弱ですが、35~44歳で約25%、45~54歳で約35%、55~64歳で50%弱、そして65~74歳で53%、75歳以上で82%と年齢とともに増加傾向があります。

初期の段階の歯周病はほとんど自覚症状がないといわれていますが、歯周病に関連している自覚症状を感じている方は決して少なくないようです。比較的若い年齢層では「ブラッシングの際の歯ぐきからの出血」を経験している割合が高く、年齢層が上がるとともに、進行した歯周病の自覚症状の「歯ぐきが下がる」「歯がぐらつく」などを感じている方の割合が高くなっています。

年齢を重ねるごとに歯周病のリスクは高まりますので、お口の違和感に気づいたらなるべく当院へ早くご相談ください。

こんな生活習慣を続けることで咬み合わせが乱れることがあります

こんな生活習慣を続けることで咬み合わせが乱れることがあります

お口のトラブルを誘発し、歯並びや咬み合わせを悪くしてしまう生活習慣があるのをご存じですか。これはあまり年齢を問いませんが、年齢を増すごとに問題の習慣が長期化し、改善が難しくなります。またその歯並びや咬み合わせの乱れがお口のトラブルだけでなく、全身にも影響してしまうことがありますので注意しましょう。

  • よく咬まずに食事をする

口腔内の自浄作用がある唾液の分泌が減少するので、お口のトラブルを起こしやすくなります。またあまり咬まずに食事するという方は筋肉が十分に鍛えられないので、咬み合わせが乱れがちです。

  • うつぶせ寝・横向き寝・頬杖

顎がずれ、咬み合わせも乱れます。また身体のバランスが歪み、慢性的な肩こりや頭痛などを発症することがあります。

  • 口呼吸

顔の筋肉のバランスがくずれ、咬み合わせにも影響します。また唾液が分泌されず口の中が乾燥するので、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

だから予防が大切なのです

だから予防が大切なのです

高齢者向けの「健康に関する後悔」のアンケートによると、第1位が「歯の定期検診を受ければよかった」ということだったそうです。以前は、歯科医院は「治療」に行くところでしたが、最近では定期検診が「予防」、または早期発見・早期治療につながり、歯を長持ちさせるカギだということが浸透してきているといえます。歯を失ってから後悔するのではなく、今から、定期検診を受け、歯の健康を守りましょう。

五井駅近くのカインズホーム市原店内の歯医者「かずさごい歯科」の 院内紹介とアクセスはこちらをご覧ください